電化製品の電気トラブル

メンズ

家電の電気漏れ

電化製品を使っていたら突然停電したのにブレーカーは落ちていない、そんな場合は漏電が原因かもしれません。一般的な住宅には漏電対策として、予め漏電遮断器が設置されています。分電盤の内部にある遮断器のレバーが下がっていれば、どこかで漏電している可能性が出てきます。遮断器の仕組みはシンプルで、出ていく電流と戻ってきた電流の差によって作動するので、具体的な原因の特定には至りません。場所の特定については、分電盤の安全ブレーカーをすべて切った状態で漏電遮断器のブレーカーを上げ、後は安全ブレーカーをひとつづつ上げていきます。漏電のある個所の回路で遮断器が作動するので、その回路上にある電化製品の確認をしましょう。もし電化製品に欠損や故障部位が確認できる場合は、修理や交換が必要になります。取り外しが可能なパーツであれば個人的な修理も可能ですが、本体を分解しなければならないケースでは修理業者、或は製造元に修理を依頼する必要があります。また電化製品に異常が見られない場合、建物の配線自体に問題がある可能性が高いので、電気工事専門の業者に詳しい調査と修理を依頼しましょう。電化製品が漏電を起こしてしまった場合には修理するか買い替えるしかありませんが、普段使用する中で漏電しないように注意する事も大切です。よくある漏電の原因としてコードやプラグ部分の不具合があります。コードは無理にまとめたり、引っ張ったりしていると損傷しやすくなり、漏電しやすくなります。プラグ部分については、ずっとコンセントに差し込んだままにしていると埃や空気中の水分が原因となって電気が漏れる可能性があります。また防水性の備わっていない電化製品に、水をかけるのも厳禁です。誤って水がついてしまったら乾くまでコンセントにつながないこと、そして手が濡れた状態でプラグをいじらない事も基本ですが重要です。

Copyright© 2017 漏電修理をプロに依頼|相場価格を事前に確認しておこう All Rights Reserved.