電気代にも影響

レディ

漏電が起こると、コンセントなどを触るとしびれる、雨の日に停電する、電気代が高くなるといった症状がでます。まずは管理会社や電気事業者に連絡すべきですが、修理を直接依頼することもできます。そのときは資格があるか、腕は確かか、対応時間、アフターケアの有無などを確認しましょう。

詳しく見る

電化製品のトラブル

工具

電化製品の使用に際して、注意したいトラブルの一つが漏電です。電化製品に施されている絶縁処理が何らかの影響で作用しなくなり、電気が漏れ出るようになってしまった状態をいいます。重大な事故にもつながるので修理が必要ですが、危険があるので専門の業者に依頼するのが基本なので、個人で修理するのは避けましょう。

詳しく見る

早急な対策が必要です

男の人

お住まいの住居で漏電が疑われるようでしたら火災や感電事故などを招かないように、早急に対策を施す必要があります。その際は正確に原因を特定して確実な修理を行うために、必ずプロの業者に依頼して安全に処置してもらいましょう。

詳しく見る

電化製品の電気トラブル

メンズ

電化製品を使用していて停電したら、漏電の可能性があります。分電盤の漏電ブレーカーが落ちていたら、原因回路を特定し、回路上の電化製品に故障などが無いか確認しましょう。修理については素人では危険なので、専門業者に依頼する形になります。

詳しく見る

便利な比較サイト

工具

漏電が見つかったら一刻も早く修理することが大切です。修理は電気関係に詳しい工事店に依頼する必要があります。工事店探しに役立つのが比較サイトで、店の場所や得意分野、料金や無料見積もりを受け付けているかどうかが掲載されています。

詳しく見る

技術料は作業時間で決まる

電気系統

最低価格と平均価格

それほど多くの電気を使ってないにも関わらず、どこかの照明や家電製品を使った瞬間に電気が切れるような場合には住宅内に漏電が起きていると考えて下さい。漏電修理にかかる料金は、漏電が起きている場所がわかっている場合とわかっていない場合では大きな差があります。それは修理料金は基本的にかかった時間で決まるため、修理箇所がわかっている場合にはその分の調査時間が短縮されるため安価になるのです。漏電修理の料金は出張料と交通費、それに技術料で決まります。その他にかかる料金は部材大です。漏電修理の場合、特殊な電気利用をしていない限り、それほど高価な部材が交換になることはありません。出張料や交通費は電気店に依頼した段階でかかる料金です。技術料は時間単価と作業時間をかけたもので決まります。電気店によっては見積もりまでは無料としているところがありますが、その場合は技術料の時間単価が割高になっていることが多いです。漏電修理にかかる料金は、漏電個所がわかっていて1時間程度で修理ができた場合で、最低8,000円程度、1時間で終わることは少ないので、一般的には12,000円から15,000円位が相場価格になっています。料金を少しでも安くするためには、漏電個所を見つけるために、子ブレーカーは全て下げた状態で、主ブレーカーをあげておき、ひとつひとつ子ブレーカーを上げていくことでおおよその漏電個所を知ることができるので見つけておくようにしましょう。

Copyright© 2017 漏電修理をプロに依頼|相場価格を事前に確認しておこう All Rights Reserved.